あわーずには たくさんのキャリアパスが用意されています!キャリアカウンセラー

どんな役割を担う?

医療スタッフのキャリアの悩みに耳を傾け採用のプロとして活躍!
ステーション運営において最も重要な事は良い人材を集めることです。『採用を制するものは事業を制す』と言われるほど。『採用・キャリアカウンセラー』は、採用のプロとして、全ステーションの医療スタッフ、介護スタッフ、福祉福利厚生系社労士、医療総務スタッフ採用に携わり、良い人材の獲得に尽力します。加えて、人材紹介事業の一環であるキャリアカウンセラーとして、組織内外の医療スタッフの話を聞きアドバイスをする、良い人材がいればスカウトする、といった役割も担います。

研修実施・教育体制

どういったキャリアを歩むのか

これが私のキャリアパスやはり「ヒト」に関わるお仕事の方が好きなのだと思います。そういったヒトに関わる部分をもう少し専門的にやってみたいという気持ちからキャリアカウンセラーへ。やはり「定着」にも力をいれていきたいと思っています。医療スタッフの悩みを聞いて、モチベーションを高めて、ステーションに定着させるという役割を担いたいと考えています!
  • STEP1
    実務主義
実務経験
まずは・訪問看護師・訪問リハビリ・ケアマネージャー等の実務経験を積みます。キャリアカウンセラーには職種の制限はありません。あわーず全職種が対象で勤続年数が5年を超えた者が次のステップに進むことができます。
  • STEP2
    審査
自己申請
キャリアカウンセラーになるための要件は以下の通り。これらの要件を満たした者は次のステップへ進みます。
医療スタッフ:
50歳以上であわーず勤続が5年を超えた者
介護スタッフとその他の職種:
40歳を超え、ITスキルがあり自己申請で希望した者
  • STEP3
    キャリア
    カウンセラー
全ステーションに携わり良い人材の獲得に尽力
全ステーションの医療スタッフ、介護スタッフ、福祉福利厚生系社労士、医療総務スタッフ採用に携わり良い人材の獲得に尽力。加えて、人材紹介事業のキャリアカウンセラーとして、組織内外の医療スタッフの話を聞きアドバイスをする。

ステーションマネジメント