あわーずには たくさんのキャリアパスが用意されています!教育・インストラクター

どんな役割を担う?

社内外に向けて研修実施・教育体制の強化を通してサービスの質の向上を目指します!
自宅での医療行為、お客様との1対1の対峙など、在宅医療は未経験のスタッフには敷居が高いという印象があります。その中で、訪問看護ステーションの若手の教育体制や実習生の受入体制を整え充実させることより、若い在宅医療スタッフを育てる役割を担います。また、若手の育成だけではなく、医療サービスそのものの質の向上のために、内部職員への研修や外部に向けた研修・講座などを実施していきます。

研修実施・教育体制

どういったキャリアを歩むのか

これが私のキャリアパス リハビリの技術は学校を卒業したからと言って身につくものではなく、卒業後も技術を研鑽していかなければならないのです。ところが、訪問の場合、利用者様と1対1で誰も指導してくれる人がいないのが難点です。あわーずのビジョンには『スタッフのクオリティを向上していこう』という強い思いがあり、自分の思いと共鳴するところがあったためこの道を選びました。
  • STEP1
    実務主義
3年以上の実務経験
まずは、訪問看護師実務・訪問リハビリスタッフ実務を経験します。あわーずの看護師として、リハビリ職として3年以上の経験し、実績が認められ、次のステップを希望した者が次のキャリアに進みます。現場経験が5年以上あって中途採用された者は、あわーずで3年の経験を積まなくとも次のキャリアへ進むことが可能です。
  • STEP2
    SV経験
    立上げPJ経験
SV・プロジェクトリーダー
次のいずれかを経験していただきます。
①複数拠点にアドバイスするSVを3年
②全国ステーション立ち上げプロジェクトのリーダーを3年以上
上記経験者は次のキャリアに進むことができます。
加えて、教育機関に10年以上の勤め実績を認められた看護師、リハビリ職、CM・CW職の中途採用者も次のキャリアへ進めます。
  • STEP3
    教育担当
    インストラクター
教育担当者として活躍
ついに教育担当として活躍!社内外に向けた勉強会を企画・運営し、また大学・専門学校の実習生の受け入れ体制を整えます。さらに将来は、新卒採用体制の構築と運営にも携わっていただきます。

ステーションマネジメント