Interview

細目 裕美

バックオフィス

あわーず東京江東訪問看護リハビリステーション
バックオフィス

今後注目される分野として、在宅に興味がありました

  • 元々資格取得が好きでして、仕事がなくならない「医療系」分野、医療・介護・薬局の事務の資格を取っていました。
    好奇心が強いので、今まで一般事務や看護助手など、様々なことにチャレンジしてきましたが、今回は「落ち着きたい」と思い、また、今後伸びる、注目される分野だと思い「在宅」に興味があったので、訪問歯科の選択もあると思いながらも、看護の方を全体的に見てみたく、あわーずに応募しました。
    面接の際に、「やる気」や「人柄」を評価いただけて、そこがとても嬉しく思いました。普通の医療事務と異なり、請求だけではない、ステーションの中での重要な役割担うというお話をいただき、内容にも興味がわきました。また、面接の際の社長のバイタリティに驚きまして、内定をいただいたらすぐに入社を決めました。
    バックオフィスは管理者と密に連絡をやり取りするポジションですが、働いてみて、ここは管理者に恵まれていると思いました。「この人のためなら何でも!」と思わせてくれる方でして。今までいろんな職場でいろんな人を観てきましたが、今のスタッフの方々はみんな優しくて、態度と言葉で感謝を伝えてくれて、本当にいい方々が集まっていると思います。

バックオフィスとして気を付けていること

バックオフィスはスタッフの方々が訪問で外出していく中、唯一オフィスにいて全員に会えるポジションです。
業務上スタッフ同士会える時間が限られてしまうので、この仕事は本当に信頼関係が重要になると思っています。なので、何かおかしいと思った点に関しては管理者と相談して解決するように心がけています。管理者がいてのステーションなので、管理者が理解していないところで何かが起きるということがないように気を付けています。
自分なりに感じたことでしかないのですが、一生懸命働いている人が報われるように善し悪しを判断しながら管理者の元でステーションを守ろうと思っています。

訪問看護に携わってみて

働いていると、ご利用者様やご家族様からの電話があるので、心が軽くなるよう心掛けて話をしているのですが、今まで経験してきた医療事務にはなかった「会話」を経験できていて、そこが楽しいなと思っています。また、担当スタッフから話を聞いたり、写真付きの誕生日カードを作成したりしているので、利用者様がどういう人か分かって親近感がわきます。
病院だと先生の指示で動くだけなので、患者様の背景が見えづらいのですが、訪問看護でも直接会っているわけではないのですが、電話や、間接的にあるコミュニケーションが糧というか、やりがいになっています。

活躍しているスタッフの特徴

ステーションでスタッフの方々全員を見れる立場として、あわーずでは「向上心のある人・前向きな人・看護に関して客観的に見れる人」が活躍しているなと思います。
ご利用者様のために一生懸命やることは素敵なこと、当たり前のことと思いますが、「私じゃないと」という考えは自己満足でしかなくて、急変したときに対応できないと思うので、誰でも看れる体制にしておくことが大切だと思っています。ご利用者様に依存しちゃいけないですし、依存させちゃいけないと思います。そういった意味で看護に関して客観的に見れている人が活躍していると思います。どんな仕事も同じかもしれませんが・・・。

今後の目標

とにかくみんなが楽しく働きやすい居心地が良いステーションであればいいなと思っています。
社会経験上、自分がいろんな思いをしてきたので、仕事ってお金もですけど雰囲気が一番だと思うんです。 嫌な事があるのは当たり前ですけど、それを上回る雰囲気があればいいなと思っています。 今のスタッフは本当に素敵な人ばかりと思っていますし、これからも「いいステーション」であり続けられるよう支えていきたいと思います。

応募フォームはこちら