Interview

對馬 淳史

理学療法士

あわーず東京八王子訪問看護リハビリステーション
理学療法士

訪問看護を地元でやりたいと思い、入社しました。
立ち上げのタイミングで関われたので、このステーションをもっと大きくしていきたいと思っています!

  • もともとは病院でリハビリを行っていました。
    その時から訪問に興味はあって、訪問の部署に配属となり2年ほど訪問をしていました。院内にもどってきてほしいと言われたタイミングで“やっぱり訪問を続けたい”と思い、転職を決意しました。身体的な解決だけではなく、一人一人に合わせたリハビリを行いたいと思っていまして、それができるのが訪問の良いところだと思います。

あわーずに入社を決めた理由は?

前職では、管理者に「売り上げをあげればお給料もどんどんあがっていく」と言われていましたが、その事業所が過去にないくらいの売り上げをだしてもインセンティブ等結局なにもなくて….。
ちょうど子供が生まれるタイミングだったのもあり、少しでも多くお給料をもらいたかったので、転職を決意しました。面接時にちょうど南大沢が新設となる話を聞いたので、家の近くであれば家族に何かあってもすぐに対応できると思い、また、あわーずにはインセンティブ制度があるというのも響いて、あわーず南大沢に決めました。
自分に合わせて仕事を調整できるので子供の時間も確保できています。下の子が生まれた後では転職活動は難しかったと思うので、その前にあわーずに入社することができてよかったです。

あわーずで働いての変化はありますか︖

前職は、個人的な感覚ですが、人間関係があまり良くないと思っていました。自分に対して直接嫌なことがあったわけではありませんが、気持ちよく仕事ができる環境ではありませんでしたので、それに比べてあわーずでは人間関係が良好だと思いますし、実際嫌な出来事が全く無いので、安心しました。
最初は八王子ステーションの訪問に行っていたので八王子のスタッフともコミュニケーションが取れています。最近は南大沢の案件も増えてきていて・・・大変ですが、嬉しい悲鳴です(笑)
南大沢は新設ということもあり皆さん話しやすいですし、一から作っていく側として、思った事があれば提案しやすい環境です。
あわーずには、せっかく他のステーションにはない「ユニット制」があるので、これからは非常勤スタッフを増やしてそのユニット制を活用してwin-winな関係を築いていきたいです。

PTになったきっかけは?

以前から、「人の役に立つ仕事がしたい」という気持ちが自分の中にありました。
高校生の時に総合学科だったのですが、授業を半分くらい選択することができて、面白くて、看護の授業とかを積極的に受けていました。もともとバスケや野球、ラグビーなど幅広くスポーツをやっていて、怪我をして理学療法士に関わることがあり、サポートする側に魅力を感じて自然と目指すようになりました。

病院と訪問の違いで感じること

病院は移動時間がない分、物理的にいろんな人を観れますし、そもそも、いろんな疾患の人がいる、というのがありますが、どうしても疾患別、病気別でその人を見がちな気がしていました。
その人の本当の生活は病院でなく家なので、一人ひとりに合わせた、生活に入り込んだリハビリをしたい気持ちがあったので、訪問が好きになりました。
同じ病気やケガでも家族によって、危ないからと全然動かさずにいたり、逆に連れまわしてもらっていたり、家庭環境も様々で、家屋の状況も、立派なおうちに住んでいる人も入れば、団地のエレベーターの上階で外に出られなかったり、人によって全然違うので。 病院では症例の発表や研究も行ってきましたが、身体的なところだけ良くすればいいのかというと、そうじゃないのかなと病院にいて思っていたので。
病院は病院で最新の機器があったりもしますし、良さもあると思いますが、自分としては訪問に関われていることに本当にやりがいを感じています。

今後の目標

訪問件数を増やすことが大きな目標です。最近は、件数が増えてきているといっても、一人当たりの回数に依存しているところが大きい状況です。件数が増えれば非常勤の方にももっと回数を増やしていただけるので、力を入れていきたいです。
あわーずは非常勤スタッフが多数在籍している特徴もありますし、出産して子供がいて、という方が、南大沢でももっと働く仲間としてむかえられたらいいのかなと思っています。男女特に活躍できる場ではありますが、非常勤の方は特に子育てしやすい環境だと思いますので、子育て中のスタッフにもっと活躍いただけるようなステーションにしていきたいです。訪問が未経験でも、興味があれば、ダブルワークで週一スタートとかでも可能ですし、もちろん男性でも独自のインセンティブ制度がありますし、ステーションを作り上げていくフェーズは楽しいと思いますので、来てほしいですし、たくさんの方を迎え入れたいと思っています。

応募フォームはこちら